あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

休日朝のまどろみの話。

お休みの日の朝は、ダラダラするようにしている。

別に、日中帯いつもキビキビ・セカセカして生きているわけではないけれども、休みの日くらい思いっきりダラダラしていようと思い、最近は敢えて意識的にそうしている。

やめたこと。まず筋トレ。

平日朝の日課は、起床したらすぐに私は筋トレする。不定期に何度か記事でも書いたのだけれど、これは朝のルーティンとして今も続けている。始めたのはダイエット目的ではあるが、在宅で働いているので全く運動しない日もある。運動不足だと、個人的には体調が悪くなる傾向がある。だから、意識的に筋トレして肉体を刺激して、活発な状態にする。

朝起きるのが大体4時とかその辺りなので、その後は、以下のメニューをする。

  • 腕立て伏せ(200)
  • 肘立て伏せ(200)
  • 足上げ腹筋(200)
  • スクワット(200)

回数は徐々に上げていっているが、ここ半年くらいは200のまま維持している。筋トレの効果的には負荷を増やした方が良いのかもしれないが、この回数でもう既に少しキツイので無理はしない。これが余裕に感じたら増やすつもり。

そのような日課も、休日はしない。休みの日ということで、最近になってストップした。

では、代わりに何をするか。
子供たちの寝顔を見る。

私は普段、上にも書いたが大体4時くらいに起きるので、外は暗い。部屋の中ももちろん暗い。

けれど、休みの日はダラッと寝ているので、5時とか6時まで寝床にいる。そうすると、外はもう明るくなって来る。寝室の窓から光が差して、ちょっと部屋の中が見えやすくなる。

そのため、寝ている子供たちの顔がよく見える。起きている時は、あんなに生意気でお喋りで暴れん坊な彼らも、スヤスヤ眠った寝顔は本当にまだ子供なんだなぁと思わされる。そんな寝顔を見ていると癒される。

ただ、休日はなぜか子供たちは起きるのも早いのでそんな時間はあまり長くない。慌ただしさが訪れる前の、穏やかな時の過ごし方だ。寝床で横になりながら、そんな束の間の癒し時間を堪能する。

実に、休日の朝のまどろみは気持ち良い。

そして、休日もできればやりたいこと。
それは半身浴。

平日は筋トレして、発汗した状態になったら、すぐにお風呂に入る。シャワーを浴びるだけではない。湯船に浸かるのだ。なぜわざわざ風呂に入るかについてはこちらの記事に書いた。

そして、浴室内に本を持ち込み、時間が許す限り読書に耽る。ここまでが私の朝のルーティンだ。

ちなみに読書は、日によって変わるが、今現在のラインナップはこれだ。

カテゴリは適当だが、大体「仕事関係」か「趣味」の二種類の本を読むよう心がけている。仕事関係だけだと心がしんどいし、趣味だけだと焦ってしまうからだ。その両輪どちらのバランスも取れていないと、社畜としては辛いのだ。

一番上の日経コンピュータは定期購読しているもので、たしか隔週で家に届くようになっている。その週の雑誌を一通り読み終えたら気になるポイントをメモでまとめて、一旦倉庫へ。単に情報収集だ。だから厳密にはこれは読書ではないかもしれない。

カーネギーは、「人を動かす」は何度か読んでいるけれども、もう一度読み直し。最近「道を開く」も買ったのでそれも並行して読み。人生全般で「なるほど」と示唆に富む内容が多いので、読んでいて楽しい。

それ以外の本は仕事関係。どちらかというと、知識を得るためとかそんな目的かもしれない。半身浴をしていると湯船でリラックスして汗をかいているからか、興味が無いものを読んでいると、本当に思考が止まる。眠くなる。だからなるべく分かりやすい内容のものを選んでいる。パッと直感的に入って来て、頭が稼働しやすいシンプルなものを。

そういうのを読みながら、防水タイプのスピーカーで音楽を聴くのだ。何とも贅沢な時間だ。

ただ、前述の通り、お休みの日は、寝室でダラダラしている時間が長くなるので、あまり半身浴する時間は無い。でもそれでいい。

ちなみに今日は、まだ子供たちが起きるまで時間がありそうなので、これからお風呂だ。

こんな感じで朝が始まっていく。休みという感じがして良い。