あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

電気代とガス代をまとめる検討をしてみた(続編)の話。

暑い。暑すぎる。

先日「衣替えして完全に夏仕様になりました」という内容の記事を書いたのだけれど、それにしても暑い。私は家で仕事をしていて、半袖短パンで過ごしているものの、それでも暑い暑い。

調べてみたら、私の住んでいる町(埼玉)の本日の最高気温は、なんと37~38度にも達していたとのこと。もはや体温より高い。朝の時点でも、どうやら33度くらいはあった。そりゃあ暑くて当然だ。

それにしても、こう暑いと何をするにも気力が無くなって困る。まぁ寒かったら寒かったで、別に気力が出るというわけではないのだけれど。

窓を開けていても、風なんてちっとも入って来やしない。電気代が気になるので、午前中は極力エアコンは使わず、扇子で風を仰ぐようにしている。ただ、今日なんて、扇子で仰ぐ頻度があまりに高すぎて全然仕事にならない。というかむしろ扇子を仰ぐエネルギーでさらに暑い。

なので仕方なく、寝室に置いてあった扇風機を移動させ、仕事部屋で使っている。これなら、扇子と違って手で仰がなくていいので、ラクだ。それに、どうやら扇風機であれば、エアコンに比べて電気代は10分の1というものだから、これならば家計的にも良いだろう。

まぁ実際には、打合せがあったりして窓を閉め切らなければならない時とか、午後になると扇子とか扇風機ごときでは凌げないくらいに暑くなるので、普通にエアコンを使う。けれど、可能な限り、電気代節約のために、扇子と扇風機でこの夏を乗り切ろうと思っている。

以下のサイトによれば、1時間あたりの電気代で見れば、扇風機は0.54円、エアコンだと11.47円ということらしいから、塵も積もれば山となるで、出来るだけ切り詰めて行こう。

[【2022年6月最新】扇風機の電気代は安いの?エアコンとの比較や夏の節電ポイントを解説! | 【公式】TERASELでんき総合情報メディア

www.terasel.jp](https://www.terasel.jp/media/comparison/electricity-bill-comparison-of-electric_fans/amp/#i-11) 上のサイトによれば、扇風機のタイプとか使用方法とかによって細かく計算結果が異なる場合があるようだが、いかんせん、暑すぎて頭が回らないので、今回は自分で計算はしない。

とにもかくにも、どうやらここ最近、電力需給が厳しくなっているということもあるので、インフラは大切にしていきたいと思う。

さて、冒頭から「暑い」と「電気代」の話しかしていないけれど、今回の本題は、タイトルにもあるように「電気代とガス代の請求をまとめるという検討してみました」の続きです。

前回の記事はこちら。

前回までの話を要約するとこんな感じ。

・最近、家に居たら、「電気代とガス代の請求をまとめませんか」という営業がめっちゃ来る。

・いろいろと業者から話を聞くも、なんだか決め手に欠ける。

・そもそも、今我が家でどれくらい電気やガスを使っているのか分かってないのに、切り替えの検討なんてできない。

・それなら、調べよう。

・ガス代と使用量は分かった。

・でも電気のほうは、毎月の請求額は分かるものの、色々とたらい回しにされて結局使用量は分からず・・。

といったわけで、最終的に、電力会社に粘り強く電話して、IDとパスワードを再発行してもらって、それがハガキで届くまで待つ、という前時代的な対応になりました。

で、先日そのハガキが届いて、無事にログイン成功。うーん、なるほど。毎月こんな感じの使用量なのねえ・・というところまで分かった。

画像はイメージちなみに、5月と6月分はほぼ同じくらいで、電気使用量は約200kWh程度。そして請求額も、¥6,800 前後といったところだった。ただしこれは、我が家の場合、例年、年間で最も電気代が安い時期の数値と金額。なので、これからより一層暑くなる夏本番や、毎年一番電気代のかかる冬の時期では、ここからさらに数値と金額は跳ね上がってくる可能性は高い。

そもそも、どうして今になって電気代を気にし始めたかというと、実は、今年の2月分の電気代が凄まじいことになっていたからだ。恥を承知で公開すると、使用量は800kWhを超え、請求金額も¥25,000を超えるという恐ろしいものだったのだ。

2月分が恐ろしい。
実際には、1月の間でかなり使ったことになっていた。
我が家は大家族でもないし、私と妻、そして幼い子供二人というごく普通の家族構成だ。家も一軒家だが、そこまで広すぎるというわけでもない。特に使いすぎたという感じもなく、まぁ言われてみればたしかに暖房とか浴室乾燥機とか結構長時間使ったかな、ということもあり、実は釈然としなかった。漏電してんのかな、とか、電気盗まれてたかな、とかも考えたが、翌月は例年と同じような使用量/金額だったので、恐らくそれは無さそうかな、と。

とは言え、このまま放置しておいて、また冬頃になって莫大な請求がされるのは困る、ということで、「少しでも節約できるならやろう」という取り組みを始め、その一環で今回の「電気&ガスまとめ」も検討するようになった次第である。

といったところで、各業者からもらった料金単価で独自にシミュレーションを行い、改めて、「電気代とガス代をまとめたら得なのか」「得だとすればどの業者を選ぶべきなのか」といったところを検討。

しかし、判明した使用量の数値を入力して、自分で各レンジの単価ごとにざっくりあてはめて適当に料金を計算してみたりしたけれども、どうしてもやっぱり「切り替えたほうが良いね」という決め手には欠ける・・。

ちなみに、我が家の使用量と料金シミュレーションについて、本当にざっくり適当に計算すると、こんなところだ。

電気のほうは、契約電力40Aの使用量が200kWhの例で、現状は¥6,846.40、検討先が¥6,740.80となった。ガスについては、使用量40m3の例で、現状が¥8,133.00、検討先が¥7,449.50と出た。そう考えると、ガス代のほうは安くなるようだけれど、それでもならしてみると月々¥500~¥600。電気代は本当に微々たるもの。単価でみれば26円台が25円台になるとか、多くても150円台が130円台になるとかなので。たしかにトータルでは安くはなるが、本当にチリツモだよなぁ・・と。

「うーん、どうしたものか」と悩んでいると、タイミング良くというか、先日我が家に訪問してくれた業者さんが、再び来訪。今回は妻も家に居たので、一緒に話を聞いてもらう。

ひとしきり話をして、「でもやっぱ決め手に欠けるんですよね。本当ににこのまま切り替えていいのか・・」と私が話し出したところで、妻が「いや、安くなるならそれでいいでしょ。今のままにしておくメリットは無いから」と一蹴。そして「決めます。お願いします」と即決。

というわけで、一気に、その業者への切り替えが決まった

そんなこんなで、私一人であれだけウンウン悩んでいたものの、あっさりと電気ガスのまとめが決まった。鶴の一声とはこのことを言うのだろう。我が家の最終決裁者の意見は、絶対なのである

でも内心、電力会社の切り替えができることは望んでいたことかもしれない。結果的に妻にそうしてもらったわけだけれど、本当は誰かに背中を押してもらいたかった。私の中での決め手は、もしかしたらそれだったのかもしれない。

というのは、実は、今の電力会社にちょっと不信感があったからだ。

上で書いたように、自分の情報を知りたいだけなのにたらい回しにされて、解決するまでに要した時間がかなり多かったこともその一端を担っているのはたしか。ただ、それに加えて、少々愚痴っぽくなるけれど、実は、このような出来事があった。

どうやら、この電力会社の専用マイページにログインすると、使った電気料金に応じてポイントが貯まっていく仕組みだったらしく、すでに我が家は400ポイント以上保有していた。これをTカードやらポンタ、Amazon ギフトに交換できるそう。

「おお、こりゃラッキーだ〜」と思ったのも束の間、手続きを進めていくとこのような案内が。

「ポイント交換のためには、こちらの『ポイント交換サービス』(正式名称は伏せます)でアカウント登録して、一旦●●マネーに変換してください。その専用ページから各サービスへポイントを交換してください」

面倒くさがりな私は、そこでマイページをそっと閉じたのだった。わしゃ自分のポイントを使いたいだけなのに、なぜいちいち別のサービス利用せないかんのじゃ・・。

そんなこんなで、結果的に割と晴れ晴れした気分で、電気ガスともにおまとめすることにして、切り替え申し込みを済ませた。

さて、今後、電気代やガス代がどう変わるのか。請求をまとめたとはいえ、インフラ面では依然として既存の業者が噛んでいるのだけれど、そのことで、何かしら使い勝手に影響があるのか。それらについては分かり次第、記事にしていきたいと思う。まぁ、ただ「安くなったなぁ良かったなぁ」くらいのレベルでは多分記事にもしないで忘れるだろうけれども。

以上、我が家は妻のおかげで回っていることを改めて強く実感した出来事であった。ありがとうございました。