あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

ブルーマンデーの話。

単刀直入に、タイトル通りの話。月曜日が、一週間のうちで最も憂鬱な曜日だ。個人的な事情もあるかもしれない。いや失礼、個人的な事情しかない。

  • 月曜日は、土日にめいっぱい遊んだ疲れが残っている。ヘトヘトになった身体はまだまだ睡眠を求めている。ちなみに、我が家の子供たちも月曜の朝が一番起床に時間がかかり、そしてぐずる可能性が高い。
  • 月曜日は、子供たちを学校や保育園に送った時点で心身ともに疲れはピークに達している。なぜか分からないが、我が家では月曜の朝ほど忙しい時間はない。だから業務開始時にはすでに体力は使い切っている。
  • 月曜日は、大量のメールチェックから始めなければならない。ある時から私は、休みを満喫するため、金曜日の業務後からメールなどを確認するのをやめた。金土日の間に、大量のメールが届いている。
  • 月曜日は、部署の定例打合せがある。抱えているタスクの進捗報告をしなければならないのだ。しょうもない実績を誤魔化しながらウヤムヤにして報告をすることに非常にストレスを感じる。というかコミュ障なので打ち合わせがある日は例外なく憂鬱。

結論。だからとにかく、月曜日は憂鬱なのだ。やる気が出ないのよ。

そういう時の、お手軽で、とっておきの対処法をご紹介。もちろん私にしか効果が無い可能性が高いので、苦情は受け付けません。あしからず。

さて、その対処法とは、以下の動画を鑑賞すること。というか、月曜日に限らずちょっとでも嫌なことがあるとこれを流し見/流し聴きするようにしている。

季節の移ろい。自然の豊かさ、美しさ。画面越しではあるけれど、そういったものが、焦っていた気持ちをスーッと落ち着けてくれるような気がする。様々な寺社仏閣と、そこに調和する木々や花々といった緑が、何とも私の心を満たし、癒してくれるのだ。おまけに、長塚さんの穏やかで優しいナレーションと言ったらもう。心洗われる。

そうやって一度頭の中を空っぽにして、そのような映像をただただ眺めていると、「ああ、どうしてこんなに生き急いでいるのだろう」という気持ちになる。現実逃避に似ている。いったん忘れるのだ、日常を。いったんね。

私は大学時代を京都で過ごしたので、行ったことのある場所や行きたかった場所が山盛りに紹介されているというのもあるかもしれない。懐かしさはきっと急ぎ足を戒めるきっかけになっているように思う。敢えて、歩みを止めてみるのだ。

ただ、あんまり動画に没頭しすぎると「もう仕事ほっぽり投げてJR東海乗って行っちゃおうか京都」という気持ちにもなりそうになるけれど、さすがにそれは我慢している。そこそこにしてやめておく。まだクビになるわけにはいかないので。私は、住宅ローンを返済するためにまだ働かなければならない。えぇ、ぶら下がり社員ですみません。

そうやって気持ちを落ち着けつつ、やる気の出ない仕事たちを一つ一つ片付け始めるのだ。

さて、月曜も、そろそろおしまい。明日は火曜。次はブルーチューズデイに対応しないと・・。