あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

これはこれでゴールデンタイムの話。

前に記事でも書いた気がするが、日常の中でなるべく自分だけの時間を確保するようにしている。

具体的には、私だけ朝早く起きて、家族が寝ている間、好きに過ごすのだ。その時間で、筋トレしたり、本を読んだり、 note を書いたり、考え事をしたり、シャワーを浴びたりする。

かと言って、あんまり早く起きすぎたりしても睡眠時間を削ることになってしまうので、そこは前日の就寝時間との兼ね合いも重要だ。

私の場合は、大体朝の4時頃には起きている。我が家の生活リズムとして、夜はもう21時付近には床に就いていることが多いので、およそ6〜7時間くらいは睡眠を確保できていることになる。独身時代はショートスリーパーで、3時間くらいしか寝なかったので、それに比べればかなり眠れている。歳を取ってからは、やはりある程度は寝ておかないと体がもたないのだ。そしてなぜかよく分からないが、逆に寝過ぎても体が痛くなるので、今の時点ではこのくらいの睡眠時間と生活リズムがベストなのかなと思っている。

さて、そんなふうにして無理矢理に自分の時間を確保するけれども、たまに、やけに早く家族が起きてくることがある。妻はガッツリ眠るタイプなので、まず起きてこない。起きてくるのは、もっぱら子供たち。悪い夢を見たりして怖くなったり、変な時間に目覚めて寂しくなったり、やけにパリッと目が冴えてしまったり、起きる理由は様々だ。

そうすると、もちろんそれまで自分のために使っていた時間はそこで終了。一抹の寂しさというか虚しさのようなものは感じるが、そこからは子供との時間。

普段、特に平日は、子供と過ごす時間は案外少ないと感じている。

平日、仕事が終わってすぐに、保育園や学童保育に子供を迎えに行く。早ければ、18時頃になる。それからご飯を食べて、すぐにお風呂。なんやかんやで21時に寝る。翌朝は6時半頃に子供たちは起き出して、家を出発するのは7時半とかだ。そう考えた時、起きている間、子供と過ごすことのできる時間は、合計すると4時間ほどしかない。そしてその時間のほとんどは「早く出発する準備をしなきゃ」だとか「早く寝ないと」だとかいう思いを常に抱えていて、あまり心は休まらない。どこかいつも、急いでいる。

だから、たまにこうして子供とゆったりとした穏やかな時間を過ごすのは楽しかったりする。心地良かったりする。上の子は小学生なのでもちろん普通に会話するのだが、下の子も年中ながら、既に一丁前に大人のような会話もできる。週末家族で遊んだ出来事や保育園であった出来事を回想したり、自分の思いや考えを共有する。子供は自分なりに、現在まで、記憶や思考を繋げているのだ。そうすると、子守とかそういう意識ではなく、1人の人として接することができていることに気づく。

自分の時間は無くなるけれど、こんな時間も貴重。

ちなみに、実は今も、下の子が起きてきてしまった。そのため、やっていた筋トレは中止。今は、一緒にジョリードールのホームページを眺めたり、録画したデリシャスパーティプリキュアを観たりして、感想を言い合っている。合間にこうして note を更新中。

そういえば、以前書いた、自分だけに使う時間についての記事はこれだった。

自分の時間は無いけれど、こうして子供と一緒に過ごす時間も、もしかしたらゴーデンタイムなのかもしれない。

さて、聞くと、昨夜は寝苦しくて汗かいたようなので、子供と一緒にこれから朝風呂にでも入ってこようと思う。