あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

いい意味で諦めようという話。

たとえば、休みの前の日、「さあ帰るぞ、明日は休みだ」と少しほっこりした気分で退勤しようとしているところに、「これこれのこういうところがおかしいです。調査してください」的な依頼が舞い込んできたりする。急ぎではないようだけど、これから帰る&次の日休み、という状況でこれを見てしまうと、酷く気に障るというか、どんよりした気分になる。

まあ昨日の帰り際の私の話なんですが。

細かい話は書くつもりはないけれど、たぶん一ヶ月とかそのくらい前から先方にお願いしていた作業で、その戻りが今になってドカドカと返ってきた形。期限まではまだあるので即時で対応する必要は無いのだけれど、まぁ、休み前にこういう結構面倒なタスクが降ってくると、疲れる。「もっと早くにリアクションくれよ。せめて休み明けにしてくれよ」と思うが、もちろん口には出さない。大人だから。

大体、こうやって無神経にボールを投げる方は、投げた相手がこれからお休みということを理解してないで、あるいはそんなことはどうでもいいと考えて、ぶん投げているわけで。結局は、受け取る方が重たい気持ちになるだけで、投げた方は「あーこれでスッキリした」という気分でいるのかもしれない。

さて愚痴はそこそこにして、こういうのを受け取って、次の日のお休みを「はあ、あの件どうやって手をつけようかな」なんてことで頭をいっぱいにするのは実に勿体無い。家族と一緒に過ごす人は、それだけで休みの内容としては半分くらい潰れてしまうといっても過言ではないかもしれない。

そんな時は、私は、

・どうでもいい
・大した問題じゃない
・なるようになる
・のんびりしよう
・誰かが死ぬわけじゃない

といったようなことを思うようにしている。

前にこんな記事を書いた。

憂鬱な気分の時には、ABCとスタージョンの話。|あさぶろ|note 法則モノが結構好きだ。諺とかも好き。なんか、宇宙の真理っぽいというか、叡智が詰まってる感じが非常に良い。まあ手放しで受け入 note.com 基本的にはこれと同じだ。
あらゆるものは、90%は、くだらないものだ。私が気に揉めるようなことなんてのも、ゴミカスに過ぎない。もっと言ってしまえば、依頼されてる仕事だって、言い方は悪いが「どうだっていい」内容のこと。

もちろん世の中には緊急性が高くて人の生命に関わるような重大な仕事もある。莫大なお金が動き、自分の一瞬の判断によってそれが水の泡に帰してしまう可能性のある、そんな高い集中力が要求されるような仕事もある。

だけど、自分の担当している仕事はどうだ。「あっても無くてもいいもの」なような気もする。そんな仕事のせいで、頭をいっぱいにし、気を病み、モヤモヤした気持ちで、オフの時間を過ごすのなんて、勿体ない。

だったらいっそ「別に、やらなくても、誰も困らない仕事だよ」と諦めることで、肩の荷が降りてフッと気持ちが楽になったりする。そんなことで悩んでいるのが馬鹿馬鹿しくなる。

だから、「どうでもいいっすわ」と一旦諦めて、頭の中から仕事を投げ捨ててそれで休みを過ごした方がいい。そうするとリフレッシュできて、もしかしたら仕事の良いアイデアが浮かぶかもしれない。ただ、それを期待してはいけない。あくまで「自分の仕事なんてどうでもいい」と考えて一旦責任感をオフにする。

note には意識の高い人たちが多い中でこんなことを言うのは恥ずかしいが、以前あまりに仕事が辛くて潰れてしまった経験のある私が、自分を守るためにやっているおすすめの切り替え法でした。