あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

在宅ワークしながら子守りするのは難しい話。

我が子が通っている小学校では、このたび、学校閉鎖になった。学級閉鎖ではない、学校内の全学年の全学級が閉鎖されたということだ。期間は今週いっぱい。そしてそれに併せて、下の子供を預けている保育園でも休園。

それにしても、自分が子供の頃は、たしかインフルエンザ流行期とかで、たまーに学級閉鎖とかになったクラスがあったというのは記憶にあるが。学校閉鎖なんて、こんなパンデミックになる前は聞いたことなかった。リアルタイムで先生だけが居る学校と繋いでオンライン授業というのも、なんだか時代を感じる。インターネットなんて身近になかったものな。初めて触れたのは高校の時とかだった気がする。

無駄話が過ぎた。

幸い、私は、家で仕事をするいわゆる在宅ワークの勤務形態になっているため、子供の面倒を見ながらも、仕事を休まずに済んだ。

とは言え、小学生の倅は、授業の数時間はオンラインで学習するものの、残りの時間は暇を持て余す。下の子に至っては一日中が暇になる。そうなると、二人一緒になれば、もう家の中をハチャメチャにしながら遊ぶ以外にない。「ちょっとは勉強しなよ!そうすればゲームやっていいから」と言っても、昼間っからこんなに目いっぱい遊べる機会はそうそう無いと感じているのか、まったく聞く耳持たず。

たしかに、感染拡大防止のため、休校・休園にするというのは分かる。学校や保育所ほど他人と密な状態になる場所もそうそう無いと思うので、子供を預けている身としては、家で遊ばせているほうが安全だし安心だ。

ただ、「家で仕事をする」=「仕事をする傍ら、子供の面倒も見られる」というのは少々違う。世間では出勤しなければならない職業の方も数多く居るので、贅沢なことは言えないのは分かっている。しかし、正直、やんちゃ盛りのチビたちが家にいる中で、まともに仕事ができるはずがない。特に、考える系の作業をするのはかなり難度が高い。

勤務先への報告義務の規定は無いが、現在こういった状況というのは、念のため上司には伝えておいた。「申し訳ありません。子供の通っている学校が休校してしまいまして、家で子守をしながら仕事するので、返答等が遅くなるかもしれないです・・」と。
正直「こんなことを会社に報告してどうなる(きっとそれを言われたほうもどうしていいか分からない)」とは思ったものの、言わないよりも、一応言っておきたかった。陰で「あいつ、メールやチャットの返事遅くね」とか思われたくない。ズルいと思われようが構わない。

実際、その通りだから。仕事なんてほぼほぼ出来なかった。「○時〜○時はお仕事中だから」と言っておいても無駄。部屋を分けても、MTG中もお構いなく騒がしく入室。私の集中力不足や能力不足も多分にあろうが、これはもうお手上げ。両立は無理です。ちゃんとやろうと思ったら、完全にどちらも中途半端になる。ので、そこそこのところで諦めた。

一応今週までという話だが、この状態が一体いつまで続くか分からない。できる限り、仕事のパフォーマンスを落とさないよう工夫しないと。

他方で子供たちは、家に居る間、洗い物やトイレ掃除の手伝いをしてくれたり、それまで興味の無かったサッカーで遊ぶようになってみたり、確実に成長はしていると感じた。そばでこうやって彼らの良い変化を感じ取れることは、やっぱり素晴らしい。