あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

2021年に受けた健康診断の結果が出たので、ダイエットの進捗報告がてら振り返ってみる話。

タイトル通り。
恥を忍んで、後々の健康記録のために掻い摘んで、載せてみる。

早速、結果について(一部抜粋)

画像1お恥ずかしい限りだが、去年(2020年)までの結果ではどこかしらに赤字(基準値オーバー)があった。だが、今年は何とか全てクリア。判定も、これだけを見れば「A」だった。良かった。こんな判定なんて、多分30代になってから貰ったことなかったので素直に嬉しい。

振り返り+ダイエットの進捗

以前にこちらの記事でも書いたが、コツコツとダイエット計画を進めている。些細ではあるが、その結果がこのような形で出たと思う。
https://note.com/furokun/n/n06a511531237

どの数値も良くなっていて嬉しいのだが、この一年間の変化で特に顕著だったのは、「体重」「胸囲」「脂質(コレステロール等)」の辺りだ。日々の筋トレと、糖質をできる限り減らした食事で、結構絞ることができたと思っている。肝機能も多分問題なさそう。ただ、総コレステロールについてはもう少しで基準値を超えそうなので、油断しないようにしたい。

ちなみに、現在もこのダイエットは継続中。筋トレの回数は、この記事を書いた当初は180回だったが、現在は200回にまで増やしている。

そういえば記事には書いていなかったが、併せて、アルギニンとDHAサプリメントも摂取している。摂取方法は、筋トレ後に、青汁+牛乳(あるいは豆乳)をブレンドしたものでサプリを飲み込む。効いているのか分からないが、何となくトレーニング後の疲労感は薄くなるような気がしている。

今のところは、本格的にバキバキの体を作るつもりもないので、とりあえずゆるく続けて、健康に引き締まった体にしていくことが目標。現時点では結構増減の幅が大きいので、コンスタントに65キロになるまでは継続します。

しかし総合判定は…

と、ここまで書くと何とも問題ない結果に見えるが、実際に、健康診断の判定は「 B」だった。では何が悪かったのかというと、ここでは載せていないが、心電図。これ以外は文句なしで「A」だった。

別に持病があるとは思っていないが、実は、毎年健康診断で心電図をとると、いつも何かしらの異常というか、少し波形が変になっている。これのおかげで総合判定では未だに「A」をとったことは無い。毎回「B」か、下手したら「C」だったりする。

今までの把握している記録の限りではこんな感じ。

2018年
・Brugada波形(saddle back型)
  ↓
2019年
RSR’パターン
  ↓
2020年
・半時計回転
  ↓
2021年
・不完全右脚ブロック

専門用語のオンパレードで何が何やらよく分からん。

一度、この心電図の結果がたしか「C」とかになって要観察だか再検査だかになってしまい、病院に行ったことがある。しかし、そこでは特に問題ないとの診断だった。以降、毎年波形はおかしいけれど、動機や息切れなどは無いので、あまり気にしないようにしている。前に一度調べたら、正常な状態でもこのような波形になることが多いと知ったので、これは大丈夫だと信じてもう調べることをやめた。というか、本音を言うと、調べたら怖くなるので実はもうあんまり調べたくない。

そういったわけで、なんとなく不安な気持ちを残しながらも、全体的にはほぼすべての数値が正常値になっていたので、ひとまずは一安心。