あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

PPAPと勤務証明の話。

PPAPってペンパイナポーのあれじゃないんだ、zipファイル添付したメール送った後に、別便でそのファイルのパスワード送るあの行為のことなんだ。

調べたらこの略称なのね。

Password付きZIPファイルを送ります、Passwordを送ります、Angoka(暗号化)Protocol(プロトコル

と言うらしい。というか、元々は本当にあのペンパイナポーのやつに着想を得て作られた造語なのね。
雑誌読んでたらいきなり「PPAPが〜」と出てきて面食らった。御多分に洩れず、私もやったことあります。でもよくよく考えるとたしかに意味無い行為ではあるよね。メールアカウント乗っ取られたら、受信ボックスの中のメール全部見られるわけだから、たとえ別メールでパスワード来てようと、セキュリティ対策的には無駄っちゃ無駄だわな。

ただ、このPPAPは、悪意あるユーザに盗み見られる危険性に対してはそうなんだろうけど、メールを誤送信してしまったケースの対策としても考えられているのかなと思う。ファイル添付して全然違う人に送信しちゃって、後でパスワード送ろうと思った時に「あれ、宛先違うじゃん。あっぶねえ…」という事態にはちょっと効果はある気がする。ファイルの中身までは、パスワード送らなければ見られないわけだから。ただ、そういうおっちょこちょいするってことは、普通に何も考えずにパスワードもメールで送っちゃうことの方が多そうだけどね。

何の話だっけ。ああ、PPAP。トレンドとしてはこれは意味無いんだから止めていこうっていうところみたい。
みんなやってることだけど実は無駄なこと。考えてみるとあまり日常生活で感じないけれど、紙関係についてはやはり痛烈に思う時がある。

たとえば、学童や保育園に入るためとか継続するために出す、勤務証明書や申請書類。手書きは勘弁…。普段書かないからめちゃくちゃ字が汚くなってる。勤務証明書は自治体によってフォーマット違うし、Excel形式の無かったりするし。そうなるとやっぱり印刷して会社の担当部署に郵送して記載してもらって、とかやらないといけない。かなり手間よね。欲を言えば、ペーパーレス化してほしいなぁ。

一律無駄だとは言わないが、PPAPと同様、ちょっとあんま意味無いよな。。と思ってしまう。