あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

精神衛生を良好に維持するための話。

仕事が必要以上に自分自身の領域に侵入しないようにしたいということ。

突然だけど、私は、仕事は嫌いではない。
でも、どんな仕事もそうだろうけど、心がすり減るような瞬間がある。
そういう時はやっぱり少しモチベーションは下がる。
決して嫌々で仕方ないとまではいかないけれど、いや、そうならないためにも、少し仕事と距離を置いた方が良い気持ちにもなる。

リモートで仕事をするようになってから、いつでもどこでも会社のメールやチャットを確認できるようになった。
だからこそ、自分から距離をとらないと、仕事と生活がベッタリくっついて離れなくなってしまう。
暇さえあればメールやチャットをチェックして、「ああ、こんな依頼来てる。これはこうすればいいかな」とか常に考えてしまう。
いわゆるクリエイティブな作業を構想する分にはいい。
でも、調査系や不具合疑い系の問い合わせ、しかも相手が切羽詰まってそうだったりやたらと高圧的な態度で来る感じの依頼とかだと「うっわぁー…」という気持ちになる。
実際、今朝の私はそんな状態で、いやもっと言うと昨日の夜からそんな「うわぁ…」系のメール見ちゃったもんで、今日一日中憂鬱な状態だった。
そして結局、暫定対処はできたけれど、原因が正直分からないから根本解決はせずに調査は持ち越しとなっている。
というわけで、今すごく仕事のモチベーションが低く危険な状態である。

だけど生活のためには、愛する家族のためには仕事してお金を稼いでこなきゃいけない。
そういった時、仕事の距離を無理矢理にでも取るしかない。
仕事を嫌いにならないように、自分の心を守るために。
だからこう決めた。

・終業後は、メールもチャットも禁止。
・休みの日も、メールやチャットは見ない。
・オフの時は業務の「個別事案」は忘れること。
・オフの時でも業務関連の知識欲があれば学ぶ。
・仕事なんてどうでもいいと思い込むこと。
・仕事によって自分が殺される前に逃げる。
・大事なのは自分と自分が大切に思う人だけ。

これを意識しないと、仕事から貰ったネガティブを生活に持ち込んで、下手したら家族に当たってしまう可能性がある。
少なくとも私は弱い人間なのでそういう危険性は大いにある。
だから、仕事と距離をとり、仕事のモチベーションが回復するのを待つ。
仕事で貰った負の感情は、仕事でやる気を出させて追い返すのが一番。
昔、あまりに仕事辛すぎて潰れてしまった話はあるけど、それはまた今度にしよう。

というわけで、明日は休みをもらったので頭を空っぽにして、仕事は忘れる。申し訳ないが、明後日の自分に任せる。
今日は、何だか疲れたので休もう…。