あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

テレビゲームの話。

小学校低学年と未就学児のいる、我が家のゲーム事情。

ニンテンドースイッチがこれほどまでに普及して大人気な昨今、我が家のハードはいまだにWiiUが現役選手だ。
理由は簡単で、スイッチを買う必要性が今のところ無いからだ。
上の子供も小学生なのでそろそろ新しい据え置き機を買ってもいいかなと私は思ったのだが、妻に相談したら「買う必要は無い」とばっさり。
理由を尋ねたら、「どうせ新しいゲーム機を買ってもまた新しいのが出るから、今更スイッチを買うのは反対」とのことだった。
確かにそのとおりだ。

それに、ソフト面を見ても、我が子が大好きなマリオシリーズのタイトルも、スイッチにあるラインナップのほとんどは、実はWiiUにもある。
実際、我が家のWiiUのソフトは、スーパーマリオブラザーズU、ルイージU、3Dワールド、マリオカート、テニス、パーティは揃えているので、わざわざスイッチを買う旨味があまり無い。
トッテンキノピコを自由にプレイしたいと思うこともあるが、必須ではない。今のままでも楽しい。

ただ、子供に訊くと「いや、うちにあるやつ(WiiU)で十分だよ」と言ってくれはするが、やはり、マリオシリーズをスイッチで持っている同じクラスの子たちとは、少しだけギャップを感じているようだった。
それは可哀想に思っている。
私自身が子供の頃は、友達が持っているのと同じゲームソフトを家のスーファミでやり込み、次の日に学校に行けば「どこまで行ったか」と情報共有したり、休みの日に攻略本を持ち出して公園で集まってみんなでゲームボーイに熱中したものだった。
その時代はオンラインなどの仕組みは、知る限り無かった。
でもマリオRPGの隠れキャラにドキドキしたり、ドンキーコングの綺麗な風景とBGMに心躍ったり、ドラクエモンスターズで配合の末に強さを極めたモンスターたちを見せ合ったりしたのが、とてつもなく楽しかった。
なので本当は子供にも同じ思いをさせたい、というか、そういった楽しみの遊びをさせてあげたい。
だからやはりどこかのタイミングで、ゲームハードをせがまれたら、買い与えた方がいいなと思っている。

ちなみに、我が家にはニンテンドーハード以外では、プレステも一応ある。
PS3だ。これは当時、テレビ番組の録画用に買ったものだ。
今はもう無いかもしれないが、トルネというソフトを入れて、それこそ色んなテレビ番組を山ほど録った。
現在は番組録画は、とある家電メーカー製のブルーレイレコーダーに任せているが、正直トルネの操作性の方が抜群に高かった。
しかし、トルネも次第に使わなくなり、PS3自体も、今は子供がたまにYouTubeを観るときに使うくらいで、ほとんど稼働していない。

こう書いてみると、やはり、流行り廃りがあるなぁと思う。
というわけで、今は時代遅れのハードかもしれなくて申し訳ないが、まだちょっと子供には我慢してもらおう。