あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

めっきりアルコールが弱くなった話。

今や、350ml缶「ほろよい」一本だけでフラつくようになってしまった。

このコロナ禍で、勤め先ではリモートワークが推し進められている。
自分の所属するチームも例外でなく、業務の特性上、今では私もフルリモートで勤務している。
おまけに、会社は都内にあるものの、私が住んでいる場所は地方のそこそこ田舎ということもあって、仕事仲間や気の置けない友人も周りに居ない。
そうすると「会社終わりに誰か誘って一杯」みたいなことは皆無だ。
となると必然的に、お酒を飲みたい時は家で一人晩酌ということになる。

ただ、晩酌するにせよ、それは、子供たちの迎えをして、みんなで晩ごはんも済ませ、宿題の確認も終わって、翌日の学校の準備もできて、食器の洗い物も片付けて、そうしてお風呂に無事全員入ってからようやく、という流れが出来ている。
そうなると、一日終わってクタクタで「ハイあとは寝るだけ」という状態でクイっといくと、ほぼ確実に酔っ払う。
酔っ払っている最中こそ気分は良いが、翌朝には大体二日酔いになっている。
飲み会をよくやってた時に編み出した「飲む前後にたくさんお水を飲む」という方法もなぜか役に立たない。
となると打てる手は、とにかくアルコール度数を少ないものにする。

最近は、微アル、というものがあり、ものすごく気に入っている。
酒屋で見つけて衝動的に箱買いをしてしまったほどだ。
アルコール飲料といって、たった0.5%とかそのくらいのアルコール度数しか無い。
今や缶チューハイの3パーでも4パーでもやられてしまう自分には、このくらい低い度数がありがたい。
ノンアル飲料も大好きだが、微アルはほんのり酔う感じがとても気持ち良い。
翌日も、たまに頭痛くなるが、それほどダメージが大きくないのも嬉しい。

ただ、この状況が落ち着いて「さあ飲み会解禁!」となった時に、微アルかノンアルしか身体が受け付けなくなってそう…。