あさぶろ日記

note のほうに書いている記事を保管しているだけです。

絵本の話。

本棚を掃除した。

我が家には小学生と保育園生の子供がいるが、彼ら自身の趣味で買ったものだったり、人から貰ったものだったり、保育園で毎月配布されるものだったりで、いよいよ子供向けの本棚が溢れかえってきた。
見返すと、チビたちが赤ん坊の頃から何度も読んだ絵本もたくさんあった。

・ももんちゃん、あーん
・くっついた
・だるまさんシリーズ

特にこれらの本は読み返した記憶がある。
改めて今読み返してみると、ライオン親子のやりとりを口に出して真似たり、顔を近づける様子や表情が我が子に似てて愛おしくなったり、だるまやイチゴやバナナの動きがおかしくて笑ったり、色々なことを思い出す。

今、もうチビたちは自分で字が読めるようになってきているので、ひらがなばかりの、それもページいっぱいに大きな字で書いてあるような本には目もくれない。
心惜しいが、新たな本で棚を埋めるため、絵本たちは処分することにした。
自分もそうだが、子供たちも自分たちの新しい世界を広げて生きていっている。過去は過去、現在は現在。
きっとだけど、未来にも繋がっていると思う。

絵本たち、今までチビたちの成長を支えてくれてありがとう。

ちなみに今は鬼滅に夢中。家中、水面斬りしたり霹靂一閃で駆け回る日々。